留学海外旅行するなら☆貧乏ヒマなし!「海外旅行&留学」の知恵 国際学生証(ISIC)・国際青年旅行証(IWTC)
貧乏ヒマなし!「海外旅行&留学」の知恵
アメリカ・カナダ・オーストラリア・はたまたアジア。大学・ワーホリなど自力で行ってみよう★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際学生証(ISIC)・国際青年旅行証(IWTC)
体験ネタは措いておいて、思い出したのでこっちを先に書くことにする、

海外に行くときには、条件に合えばどちらかの国際証を取得しよう。

まず、国際学生証について。

国際学生証(International Student Identity Card)とは、





基本的には学生なら誰でも取得可能なもので、
これを持っていることにより世界中で学割等の割引が受けられる。

学生証の種類は、student・scholar・teacherに分けられている。
studentは、大学生・専門学校生など、
scholarは、中学生・高校生など、
teacherは、学校職員などとなる。

発行に関しての年齢制限は特にないので、学生であれば誰でも取得できるのが特徴。
(年齢条件がある割引は受けられない可能性もあり。)
また、このカードの特徴としては、日本では学生でない場合も
フルタイムの学生として海外に留学するのであれば、
その入学許可証があれば、入学日一ヶ月前から日本で申請できる。
(もちろん渡航した後に申請も可能)

申請書類は、申請書と写真1枚。学生証のコピー。

次に、国際青年旅行証について、
国際青年旅行証(International Youth Travel Card)は
国際身分証明書と捉えてもらうとわかりやすい。
学生でない18歳から25歳までの方はこちらを取得するといい。
こちらもISICほどではないかもしれないが、お得な割引が受けられる。
学生証とは違った意味でお得かも?(笑
有効期限は、一年となっており26歳になった時点で消滅するので、
もし25歳で申請すると26歳の誕生日の前日までとなる。

申請書類はパスポートコピー。写真1枚。

申請方法はいたって簡単。

両カードとも、申請書類と、申請料1430円をもって発行所にいく。
申請書はそこにあるので、そこで書いて申し込めばいい。
カードができるまで即日のところもあれば数日かかるところもあるが、
基本的に時間ははかからないだろう。

近くに発行所がなく郵送で申請したい場合には、
申請書類と申請料1430円+送料等270円の1700円の
郵便小為替か現金書留で郵送すればいい。
ただし、郵送の場合には日数がかかるのでそれなりに余裕をもって準備しよう。

〒166-0012
東京都杉並区和田3-30-22大学生協会館4階
(株)大学生協事業センター ISICカード係 もしくはIYTCカード係
電話(03)5307-1156

これらのリンクから申請書ダウンロードできる。

国際学生証
取得窓口の一覧表があるので近くが探せる。

国際青年旅行証(英語)
英語サイト。。。

北海道ユースホステル協会
郵送で受け付けてくれるようだ。

航空券を買った際にその旅行代理店で
国際証の発行ができるか聞いてみるのも手だろう。
いろいろな旅行会社が手配してくれるらしい。









今日の一言?

私は海外に行ってからとりました。
語学学校の方が教えてくれて
最初に使用した時、
長距離バスと飛行機のチケットをとりました。
それですでに元は取ってます。(笑

スポンサーサイト



COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
                  
Copyright © 2005 貧乏ヒマなし!「海外旅行&留学」の知恵. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。